湘南インターナショナルが運営するスマイルコットンshop
 
会社紹介
 
「今までに無いコットンの誕生」
三重県川越町。三重県の北西部城下町桑名と工業都市四日市の間に位置するこの町にスマイルコットンの会社はあります。 この辺りは、昔から繊維産地として発展を遂げてきました。

昭和27年創業の片山メリヤスの2代目社長、現スマイルコットンの会長の手により、カシミアタッチのコットン、無撚糸に近い柔らかさとしっかり編まれた丈夫さ、さらに保温性も高い、かつてないコットンのスマイルコットンの原型が実現された。 45年も前の事です。

しかし、製品化には多くの課題が残された。
撚りを戻すにも熟練の職人の技を要し、時間も加工賃もかさむ。
当時の繊維業界は、韓国、台湾からの輸入が急増していた。
そして、昭和48年のオイルショック。
綿に手間とコストを掛ける事を求められない時代だった。 製造はたった一度で中止されたそうです。


「スマイルコットンと名付けられた」
開発から20年を経て、スマイルコットンと名付けられた唯一無二のコットン素材。
ベビー肌着として再び日の目を見る機会を得たが販路拡大に悪戦苦闘が続いた。

平成15年の東京で行われた展示会に於いて、大手百貨店のバイヤーの目に留まり、その後、日本アトピー協会推薦の認定を受けるなどスマイルコットンの良さが認められ、現在ではベビー製品からメンズ、レディスのインナー、パジャマ、カジュアルウエアまで赤ちゃんからお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまで全ての年代の方たちに着る人に笑顔をと願いが込められた「スマイルコットン」は喜ばれています。


運営会社名:湘南インターナショナル株式会社

設 立:平成15年5月8日

資本金:10,000,000円

所在地:〒105-0013 東京都港区浜松町1-21-4 港ビル3F

電 話:03-5425-2715

FAX:03-3433-1243

事業内容:海外からの玩具・生活雑貨の輸入販売
    :海外からの化粧品の輸入販売
    :オリジナル商品開発
    :各ブランド・テーマパーク向けOEMのデザイン・製品開発